婦人

団子鼻をスッキリと綺麗に|美容整形で鼻筋を整えよう

拒絶反応の心配がない

鏡を見る中年女性

耳の軟骨を鼻に移植

団子鼻の多くは鼻の軟骨が開いているために鼻全体が横広がりに見えるというタイプです。このタイプの団子鼻の場合は、鼻尖縮小法という整形手術によって対処することができます。これは軟骨を糸で縫い寄せるという方法なのでダウンタイムの少ない整形法です。しかし、団子鼻にはほかの原因によるものもあります。鼻自体が上を向いていたり下を向いていたりする団子鼻の場合には、耳介移植法という整形法が適しています。この方法は耳から取り出した軟骨を利用して団子鼻を改善するというものです。耳から軟骨を採取する際には、ごく目立たない裏側から行うので、目立つ場所にメスの跡が残るようなことはありません。耳の軟骨は鼻にも馴染みやすく、また何より大きなメリットは自分の体の一部なのであとあと拒絶反応が出るような心配がいらないということです。この整形法は鼻先が上向きすぎたり下向きすぎたりする場合だけでなく、鼻の軟骨が押しつぶされているような形であることが原因の団子鼻に対しても効果的だといわれています。

疑問があったら質問を

鼻の向きを整形によって修正することができる耳介移植法は、鼻尖縮小法と併用することもできます。鼻の形によっては、鼻尖縮小法で鼻の軟骨を縫い縮めても今ひとつ効果が足りないようなケースもあるためです。美容整形クリニックでは、はじめの問診の際に医師が患者の鼻を詳しく調べて団子鼻の原因となっている問題点を明らかにします。その上でどういった整形法を選べばその人の団子鼻を最もよい形で改善することができるかという綿密なプランを立ててから施術します。医師の説明の中でもしわからないことがあったら、その場で、あるいは後から電話ででもしっかり尋ねて疑問点を解消しておくことが大切です。耳介軟骨移植法は、団子鼻の鼻先の形を修正するだけでなく鼻筋の修正にも適しています。低い鼻筋の部分に耳の軟骨を移植することで、なめらかなラインの美しく通った鼻筋にすることができます。また、団子鼻の人はときに鼻の内部で左右の鼻孔を隔てている軟骨に変形が見られることがあります。そうした場合、鼻の整形を受けることで呼吸のしやすさまで改善できることもあります。