婦人

団子鼻をスッキリと綺麗に|美容整形で鼻筋を整えよう

糸で縫うだけで綺麗な形に

女性医師

軟骨の形状が一因

団子鼻はアジア人に多く見られる丸っこく低い形の鼻で、こうした鼻を欧米人のようなスッキリとした格好のよい鼻に変えたいと希望する女性は多く存在しています。ひとくちに団子鼻といってもそこには人それぞれに微妙に異なる要因が関与しているので、団子鼻の形状とそれを踏まえた施術法に詳しい医師の手によって美容整形を受ければ、鼻の形を改善することができます。アジア人に団子鼻が多い原因は、生まれ持った軟骨の形状と関連があります。寒冷な気候の土地に長年住み続けてきた民族の場合と異なり、冷たい外気から鼻を守る必要がそれほどなかったアジア人の場合、鼻の軟骨がやや開いた形になっているのです。鼻の軟骨は鼻翼軟骨といい、鼻の最先端を中心として両側に位置しています。したがって、その鼻翼軟骨の開いている部分を人為的に閉じるようにすれば、丸く広がった団子鼻を細くスッキリとした鼻に整形することができます。この美容整形法は鼻尖縮小法と呼ばれる方法で、鼻孔の内部から処置を行うので顔に傷がつく心配はまったくありません。

手術の方法と留意点

鼻尖縮小法は約10分から15分程度の施術時間で行うことができます。麻酔も全身にかける必要はなく、局所麻酔で間に合います。そのため入院しなくても整形を行うことができ、美容整形の中でもトライしやすい方法といえます。団子鼻の開いた鼻翼軟骨を閉じるには、糸を使って軟骨を左右から中心へと向かって縫い縮めるという方法を用います。この糸は手術専用の吸収される糸なので、退院後に抜糸を行う必要はありません。整形手術による腫れや痛みは多少ありますが、痛みは鎮痛剤で抑えることができます。鼻孔内の施術跡から細菌に感染するのを防ぐために、団子鼻の整形を受けた後は数日間洗顔は控え、ウエットシートで拭く程度にしておくのがよいでしょう。入浴はシャワーだけであれば整形当日から可能ですが、顔にお湯がかからないようにする必要があります。メイクも数日経ってからにした方が安全です。また、団子鼻の手術に限らず美容整形全般にいえることですが、激しいスポーツや飲酒は避けることが大切です。